> スカラ座「椿姫」特集、その②
豪華絢爛オペラのステレオタイプである、このスカラ座「椿姫」。
d0103431_17292176.jpg

今や、もうスカラ座の十八番になっている。
もともとは92年に製作された演出である。

参考動画
http://jp.youtube.com/watch?v=xrFftnmkzPw

一途で純粋なアルフレードの愛によって、真実の愛を知る。
尊い自己犠牲と、燃える情熱、甘い旋律が満載されているこのオペラは、
1853年に作曲、初演されている。

物語の設定も1850年代ということは、
当時にしてはまさに「トレンディードラマ」(死語?)だったのである。

一幕30分、休憩35分。
二幕60分、途中の場面転換に7分と休憩30分。
三幕30分。
終了時間は23時20分。
オペラ終了時に日付が変わっていないことは大変素晴らしい。

そして人間国宝級になっている、ソプラノ歌手のデヴィーア。
4月に60歳になったばかりだが、未だに飛ぶ鳥落とす勢いである

こんなにしっくり来る「椿姫」は他では決して見ることが出来ない。
[PR]
by scalaza | 2008-06-11 17:59

川倉 靖(かわくらやすし)氏による2009-10年スカラ座オペラのブログです。
by scalaza
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧