> 「のだめ効果!?クラシック・ブーム」
人がプロのピアニストになっていく過程は、ドラマである。
厳しいレッスンを経て手に入れる栄光は、
「スポ根ドラマ」に匹敵するくらいだ。

去年放映された「のだめカンタービレ」というドラマも、
音大が舞台になっている物語であった。

しかしそれだけでは少し弱く、
通常、ドラマ性にエッセンスを加えなければならない。

例えば、
冤罪で留置所に入れられながらもコンクールを目指す「赤い激流」。
出生の秘密に翻弄されていく「少女に何が起こったか」。
同じく出生の秘密がらみ「疑惑の家族」。

すべてTBSである。

フジは「ロングバケーション」という、
ハートウォーミングなラブストーリーである。

ドロドロな前者に対して、
ソフィスティケートな後者という対照的な作りだ。

ただ残念なことに、すべてに共通して言えるのは、
ドラマの中での選曲がおかしいのだ。

コンクールの課題曲など、ありえない選曲や、
ガキでも弾けるような難度の低い入学試験曲…。

高視聴率だった割には、リサーチの甘さが目立っていた。

しかし昨年、大ヒットした「のだめカンタービレ」は違っていた。
ベースになるのはラブコメディだが、
ドラマの中で演奏される曲にリアリティーがあり、
それが効果的に使用されていた。

しっかりしたリサーチの上に成り立つこのドラマは、
漫画、ドラマ化、アニメ化とヒットを飛ばしている。

その後、この波に乗った空前のクラシックブーム。
動機はどうであれ、私はすばらしいことだと思う。

まさに「のだめ効果」なのだ。

参考のため、このような曲が使われている。
http://youtube.com/watch?v=x509qCxmRr8

クラシック音楽は決して敷居の高いものではない。
小、中、高で「音楽」を「音学」という観点で見てしまう場合も多いが、
ほかのジャンル同様、クラシックも楽しいものなのだ。
[PR]
by scalaza | 2007-01-18 06:19

川倉 靖(かわくらやすし)氏による2009-10年スカラ座オペラのブログです。
by scalaza
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧