> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
「まずは心、そして動き」
かつての名女優、月影千草の言葉である。
(注)「ガラスの仮面」(花とゆめコミックス)より
つまり舞台の上での演技は、まず先に気持ちが先行しなければならない。

例えば、「水が飲みたい」と思うからコップに手が伸びるように、
人間の行動とは、まず先に気持ちが動いているのだ。

歌は心の表現と言われるように、人間の微妙な心の動きを、
「言葉」と「音」の力を借りて表に現れたものが「歌」となる。

人間は、感情が高まってくると声が大きくなり、
落ち込んでいるときは声が暗くなるように、
オペラの場合は、この「心の動き」をかなりの割合で
「音楽」が助けてくれるのだ。

例えばヴェルディのオペラ「アイーダ」から引用すると、
第2幕1場でアイーダとアムネリスが言い争っている…。

アムネリス「…ってことは、私はあんたの恋のライバル。
       あんたのライバルは、国王の娘なのよ!」(挑発)

アイーダ 「恋のライバル?いいわ!受けてたつわよ。」(挑発に便乗)

      アイーダが自分の言葉の重大さに気づく(驚き)

アイーダ 「ああ!私ったら、身の程知らずな…。許して…。」(後悔)

たった30秒の間に、これだけの感情の動きがあり、
この斬るか斬られるかの真剣勝負を、完璧に音楽で表現している。
まさに「神業」である。

ただ、演劇と違ってオペラの難しさは、
心の動きに対して、自分で勝手に「間」が取れないということ。
音楽は決して止まってはくれない…。

制限時間内で表現する「心の動き」。
すべてがオペラ歌手の力量にかかっているのだ。
[PR]
# by scalaza | 2006-12-13 01:49
「闘うオペラ」
オペラを見るということは、ある意味、闘いに挑むようなものである。
チケットを手にすることは、対戦相手から挑戦状を受け取るようなもの、
そしてスカラ座へ向かうときに通る
「ヴィットリオ・エマヌエレ2世のアーケード」は、
まるで、リングへ向かう長い廊下のようにさえ感じる。

スカラ座で闘う相手とは?
最大の敵は「睡魔」である。

不意に襲いかかる睡魔…。
かつて私は、完全に敗北した経験があった。

「ニューヨーク・メトロポリタンオペラ」東京引越し公演で、
教育実習期間だったにもかかわらず、
無謀にもNHKホールまで見に行ってしまったのだ。
小田急線の中で実習ノートを書き終えた安心感と、極度の疲労、
そしてホールの中の心地よい室温は、まさに私の敗北への序曲…。

上演開始のブザーは、リングサイドで鳴り響く鐘の音、
襲いかかる睡魔と闘う私は、
殴られても殴られても立ち上がるボクサーのようであった。

結局、ヴェルディの「仮面舞踏会」は、
マットへ沈んだ私へのレクイエムに変わり、
それは、プラシド・ドミンゴの歌声であったのをかすかに覚えている。

「体調を整えること」…これは、基本中の基本である。
何故ならチケットを手にした時点で、闘いはすでに始まっているのだから。
[PR]
# by scalaza | 2006-12-13 01:40
「ついに、その日はおとずれた」
12月7日、18時。スカラ座が動き始めた。
スカラ座では21年ぶりの、ヴェルディ作曲「アイーダ」によって開幕したのである。

開幕オペラには、政財界、スポーツ界、芸能界から
多くの人々が招待され、それを一目見ようと詰めかけるファン、
しまいには労働組合の便乗デモまで始まった。
2時間前から、スカラ座広場が閉鎖されたのは正解であった。

ちなみに、開演ギリギリの滑り込みセーフであったマテラッツィは、
とても背が高く、意外と顔が小さいモデル体型なのには驚いた。

この豪華絢爛オペラ以上に、
会場内のお客が豪華であったのは間違いない。

チケットが入手できなかった人々のために、
すぐ隣の、ヴィットリオ・エマヌエレ2世のアーケードの中には、
巨大スクリーンを設置し、開幕オペラのライブ中継が行われていた。

そこに詰め掛ける人々の群れ…。
一瞬「ここは巣鴨?」と錯覚を起こしてしまうであろう。
巣鴨の「とげぬき地蔵」に集まる人々と大差はない。

12月7日、ミラノの一大イベントであるスカラ座初日、
ミラネーゼは、オペラの殿堂スカラ座を心から誇りに思い、
「アイーダ」に酔いしれるのであった。
[PR]
# by scalaza | 2006-12-13 01:34
   

川倉 靖(かわくらやすし)氏による2009-10年スカラ座オペラのブログです。
by scalaza
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧