> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
パクリの美学
私は誰かの作品をパクることは特に否定はしない。
なぜなら芸術とは「模倣」から始めなければならないから。

芸術家は、模倣からスタートし独自の様式を確立した。
模倣が苦手で初期にオリジナリティを確立したものもいれば、
異常なくらい模倣が得意でそのまま消えていく人もいた。

盗作は犯罪である。
パクリは「必要悪」なのだ。

そもそも人間だって同じである。
自分は個性的な人間だなんて思っていても、
所詮、誰かの真似をしているに過ぎない。

さて、
モーツァルトの戴冠ミサから「神の子羊」。
最初の4小節を聞いて欲しい。
http://jp.youtube.com/watch?v=akvnGqQ7pZg

次に、
フィガロの結婚のアリア「楽しい日々はどこへ」。
同じく、最初の4小節を聞いてください。
http://jp.youtube.com/watch?v=cCBKkIEZHKY

ヘ長調とハ長調の違い、
3拍子と2拍子の違いで、ほぼ同一である。
戴冠ミサはフィガロの結婚の6年前に作曲されたので、
フィガロの結婚の方がパクリになる。

別にお互い自分の作品なのだから、
誰も文句は言えないだろうし、
それぞれ完成度が高いゆえに、
単なるパクリと言えなくなってしまう…。

こういった現象は、
現代のポップスにも窺い知るとこが出来る。

「メロディの一部をパクリ」の場合。

Earth Wind and Fire のFantasy(歴史に残る名曲です)。
http://jp.youtube.com/watch?v=WTYKhk2cDVc
2分15秒目のメロディーの「COME TO SEE…」から。
(対訳:ファンタジーという名の国で勝利を手にしてみるがいい…)
…素晴らしい、名曲。

続いて、
Nakashima Mika のResistanceより。
http://jp.youtube.com/watch?v=CO8WGKBidYs
歌いだしのメロディー。

ピアノ曲→歌へのパクリ。
http://jp.youtube.com/watch?v=Aj7GZlY0fhE
ショパンの幻想曲だが、
「雪の降る街を」とつい口ずさんでしまう。

「世界観のパクリ」の場合。

Madonna のMaterial Girlより。
http://jp.youtube.com/watch?v=tpAcz2tKaSM

続いて、
REBECCA のLove is Cashより。
http://jp.youtube.com/watch?v=_sf_ksiBYp0

世界観のパクリは、
これといった決め手はないのだが、
なんとなく似ていることである。
「Material Girl≒Love is Cash」は決して遠くはない。

近年、アジア諸国でのパクリ問題が取り上げられるが、
「パクリ・オンリー」の場合は、
絶対にオリジナルを越えることが出来ない。
もともと日本だって高度成長期に、
欧米諸国のものをパクってきた。
ただ日本の場合は、
「パクリ+発展=オリジナル」のスタイルゆえに、
誰も文句が言えなかったに違いない。

それはまるで、
レオナルド・ダ・ヴィンチが
自分の師の実力を上回ってしまったのと似ている。
[PR]
by scalaza | 2008-09-25 01:54
セレブなオペレッタ「メリー・ウィドウ」
昔、私は「貴族」と「ブルジョア」は同一と思っていました。

10月公演の「フィガロの結婚」は貴族。
11月公演の「メリー・ウィドウ」はブルジョアである。

フィガロの結婚の伯爵は日々狩りをしている、
いわゆる大地主、代々金持ちである。

しかしブルジョアとは産業革命以来の、
有産階級であり、悪く言えば成金である。

1900年代の初頭に爆発的なヒットとなった、
この「メリー・ウィドウ」は当時のブルジョアに人気があった。

http://jp.youtube.com/watch?v=MhgeNWpAPkw

基本的にオペレッタはハッピーエンドで終わり、
特に「メリー・ウィドウ」は華やかなフィナーレで締めくくる。

http://jp.youtube.com/watch?v=P00PUTWxiUU

アンコールのフレンチ・カンカンの際、
この会場の異常な盛り上がりは尋常ではない。

「セレブ」の本来の形はこういうものではないだろうか?
歴史的背景を元に本物を知ることはとても大切である。

最近の雑誌では、
このバックを持って私も「プチセレブ」とか、
このメークで私もセレブの仲間入り、とか頻繁に見かけるが、
どう見てもただの「キャバクラ嬢」にしか見えない…。

実際、私自身も含め、プロレタリアートな場合、
この「メリー・ウィドウ」状態に放り込まれたら、
とても居心地が悪いような気がするのだが。


スカラ座に関してのお問い合わせは
マックス・ハーベスト社のホームページへ

お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by scalaza | 2008-09-22 13:36
スカラ座で見る「フィガロの結婚」その③
小姓ケルビーノのアリア「自分で自分がわからない」である。

http://jp.youtube.com/watch?v=VQkghAVjvrk

皆さんは楽譜は読めますか?
モーツァルトの音楽は楽譜に全てが書かれています。

このケルビーノは大人と子供の中間くらいの多感な年齢、
声変わりも儘ならないくらいの中性的な存在です。
したがって、メゾソプラノが「ズボン役」を演じます。

ケルビーノにとってスザンナは「お姉さん」的な存在ですが、
伯爵夫人は憧れの存在。
夫人に対する自分でもよくわからないこの気持ちを、
音楽で見事に表現しています。

まず、全体を通してテンポ感があり、若々しさを表しています。
伴奏部をみれば、若さゆえの不安定な精神状態を、
オーケストラの動きでカバーし、
歌のメロディーラインも比較的に上行型が多いのは、
気持ちの高鳴りを表現します。

伯爵夫人に恋するというのは、ある意味、不純なものですが、
かといって実際、手を出すわけでもなく、
「夫人=崇高なもの」という彼のビジョンが、
あまり厚みのないオーケストレーションにも窺うことが出来ます。

なんともいえないこの気持ちを歌に託して、
山や、泉や、風などの自然に伝えたい…。

そして、2分10秒めのところ。
「たとえ、僕の気持ちを誰も聞いてくれなくても…」

はじめてメロディーラインの下降型が出てきます。

今までの気持ちの高鳴りと比較して、
この部分はとても切なく、恋するゆえの孤独を、
和声学的に言えば「偽終止」という形で表現します。

これ、モーツァルトはよく使い、
胸が締め付けられるような切ない気分にさせられます。

そしてケルビーノは最後に、
「この気持ちは自分にも問いかけるのだ」と仕切りなおし、
完全終止形で締めくくります。

見事な心理描写ですね。
これを舞台にするとこうなります。

http://jp.youtube.com/watch?v=DjKZUA8txm0


スカラ座に関してのお問い合わせは
マックス・ハーベスト社のホームページへ

お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by scalaza | 2008-09-15 23:16
スカラ座で見る「フィガロの結婚」その②
イタリア人が口喧嘩をしているところ、見たことありますか?

「フィガロの結婚」の第一幕で、
スザンナと女中頭が喧嘩をする場面があります。

部屋から出て行く扉で二人がかち合ってしまい、
「どうぞ、お綺麗な方からお先へ…」と
嫌味たらたらで喧嘩が始まります。

「どうぞ伯爵のご寵愛の方から先へ…」
「いいえ、どうぞ教養の高いかたから」
「花嫁様からどうぞ!」
「センスの高い方から!」
「身分の高い方から!」
「お年のご高齢の方から!」
「(この小娘!なんて生意気な!)」

という会話です。

http://jp.youtube.com/watch?v=yUOsARqk0BQ

まあ、ある意味インテリ同士の喧嘩でしょう。
これが理性を失うとこのように発展します。

http://jp.youtube.com/watch?v=Rh64ZgdHLTs

この女中頭は昔フィガロにお金を貸していて、
返せない場合は結婚してもらうと契約書に書かせていた。
フィガロとスザンナの結婚を阻止するため、
女中頭は伯爵に契約書を見せて、裁判に持ち込もうとしている。

突然、勃発した大喧嘩。
7人で口げんか。

これ、よくイタリアで見かける光景です。

テレビの討論番組でもよく見るのですが、
まず、彼らは人の話をまったく聞きません。
自分の言いたいことを大声でまくし立てます。

そして、番組の司会者が話を整理すると、
少しの間だけ静かになります。

それもつかの間、いきなり口論が始まり、
収拾が付かないまま番組終了…。

オペラと、実際の口げんかの大きな違いは、
みんな一斉に口論を始めてもただの雑音でしかならないのですが、
オペラは、一緒に歌うとそこでハーモニーが生まれるということです。

彼らが話す時はまるで踊るように動き、歌うように喋る。

モーツァルトもイタリアを3回にわたって旅行しましたが、
イタリア人の性質はオペラのネタになると思ったのではないでしょうか?

スカラ座に関してのお問い合わせは
マックス・ハーベスト社のホームページへ

お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by scalaza | 2008-09-11 17:50
「閑話休題」
マックスハーヴェスト社、スポーツ情報のブログに、
北京五輪のことが書いてあったので、
私も便乗しちゃいます。

アテネ五輪以降、私が一押ししていたのが、
新体操団体イタリアチームでした。

今回も優勝候補といわれていたのですが、結果は4位。
上位3チームはロシア、中国、ベラルーシという「左」で固められ、
イタリアの得点が初めから低く抑えられていたのが、
イタリア各誌、話題になっていました。

しかし所詮、審査員の決めた得点。
実力は世界一といってもいいくらいです。

注目すべき点はイタリアならではの、「技術」と「芸術」の融合。
シンクロナイズされた5人の動きは奇跡です。
(一般のイタリア人は、たった二人でもバラバラに動きます)

「匠の技」「天才的なコレオグラフ」といわれた、
アテネ五輪の演技を分析してみましょう。

スタート・ポジションは、
まるでルネサンスの絵画を思わせるような立ち位置。
三美神を感じさせるシンメトリーと、
水の反映を思わせるコントラストはまさに芸術。

いきなり始まる「投げ」の連続。
「交換」の位置が非常に高いのは難度の高さを示します。
手を使って交換するのは当たり前、
イタリアチームは「手、足、背中」を使う荒業です。

サッカー大国・イタリアを意識した演出を、
途中で挿入しているのも、憎らしい。

そして得点を左右する奇跡の「ファイナル・スロー」。

2つのフープと2個のボールを組み合わせて同時に投げる。
すると空中で4つに分離し、人のいるところに落ちていく…。

神業というものが存在するのであれば、
私はこのことだと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=_ns5MQG5IJA
[PR]
by scalaza | 2008-09-04 23:01
スカラ座で見る「フィガロの結婚」その①
10月にミラノに旅行するのであれば、
ぜひ見ていただきたいのが「フィガロの結婚」であろう。
オペラ終了時間には日付も変わっていることも予測される…。
しかしこの長いオペラ、しっかりと予習をすることによって、
集団催眠から離脱することが出来るのだ。

全編に渡って流れる心地よい音楽、
おそらく脳波を調べれば「アルファー波」全開である。

したがって、ここでは「見る」ということにも注目したい。

超有名な序曲が終わって始まる場面がこれ。
http://jp.youtube.com/watch?v=Ao3jG-cOEPg
フィガロは、スザンナとの念願の結婚式を夜に控えて上機嫌。
新しい部屋でベッドの寸法などを鼻歌交じりで測っている…。

これを現代風にアレンジしたものがこれ。
http://jp.youtube.com/watch?v=nnaOWZJILh4

なんと、伯爵が自動車会社の社長。フィガロがそこの社員。
伯爵夫人に恋する小姓ケルビーノは、若い自動車整備士なのだ。

同じ場面でありながら時代背景が違うため、
前者はベッドの寸法を物差しを使って測るのに対し、
後者は設計図を見ながら電卓をたたいているのにも注目して欲しい。

例えるなら、鬼才・黒沼監督による舞台
「忘れられた荒野」(ガラスの仮面より)を感じさせ、
一つの台本で何通りもの演出が可能である。

モーツァルトの音楽は普遍的なものであり、
古さを感じることなく、
いつの世にも受け入れられる現われ。

皮肉なことに初演した時代だけ受け入れられなかった…。

スカラ座に関してのお問い合わせは
マックス・ハーベスト社のホームページへ
お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by scalaza | 2008-09-04 21:47
「MITO」
9月のミラノは音楽の街になります。

「MITO」
インターナショナル・ミュージック・フェスティバル
d0103431_18171172.gif

ミラノとトリノにおいての国際音楽交流の一環です。

毎日ミラノ市内のどこかで演奏会が行われています。
d0103431_18211076.jpg

去年から始まったこのフェスティバルは、
好評につき、今年は第2回目として今日から開催されます。
[PR]
by scalaza | 2008-09-01 18:25