> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「眠れる森の美女」の続き
くだらない前置きはこのくらいにして、この「眠れる森の美女」。

「眠りの森の美女」とか「眠り姫」とか「茨姫」とか言われるらしいが、
一般的には「眠れる森の美女」が正しいようだ。

バレエ作品としての「眠れる森の美女」は、
1890年にサンクトペテルブルグで初演された。
3時間もの大作で、現在も多くのバレエ団が上演している。

当時、劇場の総裁だったフセヴォロシスキーが、
豪華絢爛なバレエ作品を作りたい、と考えたことから制作が始まった。
振り付けはプティパ、音楽はチャイコフスキー。

チャイコフスキーは「白鳥の湖」での失敗があり、
もうバレエ曲は作らないと決めていたという説もあるが、
音楽が失敗だったわけではない。

バレエ曲を作曲すること自体はその後も検討していたので、
「眠れる森の美女」の場合は台本に感動して
仕事を引き受けたとされている。

現在、チャイコフスキーの三大バレエの一つといわれる。

三大バレエ…、さて、もうひとつは何でしょう?
就職試験の一般教養にも出てくる問題らしいです…。
別に知らなくても、生きていけるんですけどね。

チャイコフスキーは1840年に生まれた、ロシアの作曲家。
バレエ音楽や6つの交響曲などで有名である。

ボロディン、バラキレフ、ムソルグスキー、キュイ、
リムスキー=コルサコフのロシア五人組の国民楽派に対し、
チャイコフスキーは西欧派と呼ばれている。

彼の曲は全般にわたり、叙情的で流麗、
絢爛豪華なオーケストレーションであるが故、
現在でも大変人気がある。

したがってクラシック入門などの企画では、
必ずチャイコフスキーの曲が挙げられる。

作風はリズムの天才と言われ、
一つのフレーズを発展の連結にしたり、半音階上昇させたり、
または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある。

曲想はメルヘンチックであり、ロマン濃厚といわれる表情が見えたりする。

チャイコフスキーは同性愛者であったとする説もあり、
当時のロシアでは重大問題であったがための苦しみが
作品にも反映しているとして、
彼の紡ぎ出すメランコリックな旋律は、
この方面から解釈するという見方もある。

バレエ「眠れる森の美女」は、
忠実に翻訳すれば「眠れる美女」
(原題Спящая красавица)。

王女の両親(国王と王妃)が娘の100年の眠りを生き長らえて、
眠りから覚めた姫の晴れの婚礼を見届けるという部分や、
王子のキスで目覚める部分などはグリム童話の「いばら姫」に近いが、
チャイコフスキーが取り組んだ台本は、
ペローの童話を基にフセヴォロジスキーが書き下ろしたものとされている。

あらすじを、得意の箇条書きにしてみると、

1)オーロラ姫の誕生により、盛大な洗礼の式典
2)邪悪な妖精カラボスは自分が洗礼に招待されなかったことに怒り狂う
3)オーロラ姫に呪いをかける

「オーロラ姫は、20回目の誕生日に彼女の指を刺して、死ぬでしょう。」

4)リラの精が宣言

「カラボスの呪いの力は強すぎて、完全に取り払うことはできません。
したがって姫は指を刺すでしょうが、死ぬことはありません。
100年間の眠りについたあと、いつか王子様がやってきて、
彼の口づけによって目を覚ますでしょう。」

5)オーロラ姫、20歳の誕生日
6)バラを持ったままで踊り、誤って指を刺す
7)リラの精は城にいた全員に眠りの魔法をかける
8)デジレ王子が一行を率いて狩りをしている
9)リラの精が現れて、オーロラ姫の幻を見せる
10)デジレ王子、城にたどり着く
11)王子のキスによってオーロラ姫は目を覚ます
12)王子は姫への愛を告白し、結婚を申し込む

このバレエの焦点が、リラの精に象徴される「善の力」と
カラボスに象徴される「悪の力」との葛藤に置かれ、
それぞれを表わすライトモチーフの両方が、
話の筋を強調する重要な撚り糸として機能しながら、
バレエ音楽全体を貫いているのである。

チャイコフスキーは1893年に他界するが、
「眠れる森の美女」が国際的なレパートリーとして
不朽の地位を射止めたのは、
1921年のロンドン公演においてであった。
[PR]
by scalaza | 2007-05-20 18:24
「眠れる森の美女」
たまたまチケットを頂いたので、スカラ座へ行くことになった。

チケットカテゴリーは、ボックス席。しかも前列。
ボックス席は、舞台を横から見る席で、
前列二人、その後ろに二人の4人。
舞台を正面に見る席は2+2+2の6人である。
その最前列とはちょっと嬉しい。

さらに、今まで自宅からスカラ座に行く時には、
ドゥオーモ広場まで行き、アーケードを通って行っていたのが、
裏道を通っていけば、自宅からバスと徒歩で15分で着くことが分かった。
さらに嬉しい。

この小さな喜びを噛み締めて、スカラ座に入った。
私は半笑いだったかもしれない。

オペラとバレエの大きな違いは客層である。
土曜日だったので、満員御礼だったのだが、
それに輪をかけて、異常なほどガキが多い。

スカラ座は、演奏を妨げる可能性のある、
「6歳以下のガキお断り」だった気がしたのだが…。

この子達は、バレエ教室に通う宿命、
チケット・ノルマ…?

演奏時間はプロローグと第一幕で70分。
30分の休憩を挟んで第二幕40分。
さらに30分の休憩を挟んで第三幕40分。
終了時間は0時近くである。
ガキにはキツいんじゃないのか?

その昔、わたくしがご幼少のころは、
土曜日の夜といったら、「Gメン75」で力尽きていたのだが、
イタリア人の子供はタフなのだろうか?

さて、ボックス席はオーケストラの真横であった。
最前列に座り、柵のところに手を載せて軽く両手を組む。
舞台は私から見て、斜め45度のところにある。

これは…、まさにモナリザ・スタイルではないか?
唯一の違いは「微笑み」か「半笑い」かである。

しかし、バレエとは本当に楽しい。
選りすぐりの美男美女で構成されるスカラ座バレエ。
「体が資本」のオペラとは大違い。
バレエは体が「商品」なのだ。
彼らのしなやかな動きは、体の硬い私にとって尊敬に値する。

私は通訳という仕事上、
緊張のために、仕事中はとても姿勢がいい。
よくお客様から「バレエ習ってたことあります?」と聞かれるのだ。

ただ、私の背骨は真っ直ぐなだけで、決して曲がらない。

一度だけ、パフォーマンスで、
「私、こんなに硬いんですよ」と、腰を曲げて見せたことがあるが、
あまりの硬さに、一同、ドン引きであった。

そして不思議なことに、舞台の上のバレリーナからは、
まったくの生活感が感じられない…。
まるでショーモデルを見ているようである。

彼女らは家の中でも、こうやって歩いているのだろうか?

しかし一人一人を見ると、
完璧な「踊るマシーン」のように感じるが、
みんなでユニゾンで踊る時は、バラつきが見える。
その辺は人間らしいと言うか、イタリア人らしいというか、
とても微笑ましい。

そして毎度、衝撃を受けてしまうバレリーノの白タイツ。
今回もバズーカが火を噴いたような衝撃であった。(意味不明)

会場内は異常なほどの盛り上がりを見せ、
私自身も本当に楽しむことが出来た。

私は、笑気麻酔を吸い込んだ時ように、
最初から最後まで笑っていたかもしれない。

そこが、「微笑み」と「半笑い」の違いなのだ。
[PR]
by scalaza | 2007-05-20 18:22
   

川倉 靖(かわくらやすし)氏による2009-10年スカラ座オペラのブログです。
by scalaza
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧