> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 速報!スカラ座演目発表
「カルメンで始まるスカラ座、
偉大な指揮者とスカラ座デビュー40年のドミンゴとともに」
(コッリエーレ・デッラ・セーラ見出しより)


5月26日、スカラ座にて2009/10年のプログラムが発表された。

17時から行われた会見では、
年間チケット所有者を優先に招待券が配られ、
劇場内プラテア席に座った8割ほどのスカラ座ファンは、
総監督ステファン・リスナーの説明を大変興味深く聞いている様子でした。

来年度のプログラムは以下の通りです。

 1、オペラ「カルメン」ビゼー作曲(新演出)
 2、バレエ「ベジャールの夕べ(火の鳥、さすらう若者の歌、春の祭典)」
   (スカラ座演出)
 3、オペラ「リゴレット」ヴェルディ作曲(スカラ座演出)
 4、オペラ「ドン・ジョバンニ」モーツァルト作曲(スカラ座演出)
 5、バレエ「ドン・キホーテ」(スカラ座演出)
 6、オペラ「死者の家から」ヤナーチェク作曲(新演出)
 7、オペラ「タンホイザー」ワーグナー作曲(新演出)
 8、オペラ「ルル」ベルク作曲(新演出)
 9、オペラ「シモン・ボッカネグラ」ヴェルディ作曲(新演出)
10、オペラ「ラインの黄金」ワーグナー作曲(新演出)
11、バレエ「20世紀三部作(バレエ・インペリアル、放蕩息子、
   ショスタコーヴィッチよりヴェントリーリアの新作)」(スカラ座演出)
12、オペラ「ファウスト」グノー作曲(新演出)
13、バレエ「ロミオとジュリエット」(新演出)
14、オペラ「セビリアの理髪師」ロッシーニ作曲(スカラ座演出)
15、バレエ「フォーサイスの夕べ(アーティファクト・スイート(新演出)、
   ヘルマン・シュメルマン(新演出)、
   イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド(スカラ座演出)」
16、オペラ「成り行き泥棒」ロッシーニ作曲(スカラ座研修所企画)
17、オペラ「愛の妙薬」ドニゼッティ作曲(新演出)
18、バレエ「オネーギン」チャイコフスキー作曲(スカラ座演出)
19、オペラ「カルメン」ビゼー作曲(開幕オペラの再演)

という、19演目。昨年に比べて、かなりのメジャー路線となっています。

しかし私のお勧めするのは、
生誕200年企画「ショパン・シューマンのサイクル」
と銘打ったピアノ・コンサート。
ツィマーマン、ポリーニ、バレンボイム、ラン・ラン、キーシンといった
一流ピアニストによる「ショパン・シューマン」のオンパレード。
これは見逃せません!!

来シーズンのスカラ座は19演目のオペラ・バレエ、
60公演のコンサートの他、
子供たちへの開幕オペラ試演会、
若者のためのオペラ企画(LA SCALA UNDER30)
ドミンゴ40年記念企画など、
若年層の「スカラ座離れ」を防ごうという意図も垣間見ることができます。

そのほかのサービス面では、
百貨店リナシェンテの駐車場を開放し、マイカーでスカラ座に来ることもでき
劇場内にはタクシー予約センターを設けることで、
オペラ終了後、優先的にタクシーに乗ることも可能になりました。


スカラ座に関してのお問い合わせは
マックス・ハーベスト社のホームページへ

お気軽にお問い合わせください。

[PR]
by scalaza | 2009-05-27 19:48