> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 「4月のスカラ座公演は?」
アドリアーナ・ルクヴルール(Adriana Lecouvreur)。
フランチェスコ・チレアの作曲した全4幕のオペラである。

18世紀前半にパリで活躍した実在の女優、
アドリエンヌ・ルクヴルールの生涯を描いたこの作品は、
1902年にミラノで初演され大成功を収めた。

今日でも「新イタリア楽派」オペラの佳作のひとつとして、
チレアのオペラ作品中もっとも頻繁に上演される作品となっている。

1899年2月、楽譜出版社ソンツォーニョ社の委嘱により作曲が開始された。
マスカーニ、レオンカヴァッロなど新進オペラ作曲家を多数擁していた
当時のソンツォーニョ社の状況は、
ライバルであるリコルディ社を激しく追い上げていた。

初演劇場とされたミラノ・リリコ劇場にしても、
ソンツォーニョ社が所有・運営し、
自社契約作曲家の新作を上演する一種のショーケースにもなっていた。

第一幕、アドリアーナ登場。

彼女は楽屋の喧騒をよそに台詞の練習に余念がない。
その演技の素晴らしさに思わず一同が賞賛の声を挙げると、
アドリアーナは謙遜して

超有名なアリア、
「Io sono l'umile ancella del Genio creator」を歌う。

さて、これをどう訳すか?

「私は卑しい芸術家の僕です」
「私は卑しい神の僕です」
「私は創造の神の卑しい下僕」
「私は卑しい芸術の下僕です」
「私は創造主の卑しい召使です」
「私は創造の神の卑しいしもべです」
「私は創造の神の卑しい僕」
「私は芸術のつましいしもべ」
「私は創造の神に仕える卑しいしもべ」

ちょっと調べただけでも、これだけの訳が見つかった。

でも、彼女の言いたかったことは、
「私は素晴らしい演出家から言われる通り演技しているだけ…」
ということです。

「神の卑しい下僕」って…。
なんちゅー訳やねん。

みんなが彼女を賞賛しているところで、
いきなり「神の卑しい下僕です!」なんて抜かしたら、
まわり、ドン引きですよ。

…やれやれ。
参考までに、こんな曲です。
http://youtube.com/watch?v=5778Ah_bPo8

さて、アドリアーナ役は
オペラほぼ全曲にわたって登場しなければならないが、
テッシトゥーラが低く歌唱的にはそれほど歌い難い役ではない一方、
第1、3、4幕のそれぞれで、歌ではなく
台詞でドラマティックに語らなければならない聴かせ場があるという
特殊な役柄である。

実際、これら台詞部分でのイタリア語台詞回しが不明瞭だった場合、
その公演は失敗とされる。

このためイタリアではこの役は、好意的に言えば
「歌唱だけでなく演技に自信のあるカリスマを持ったプリマ・ドンナの役」

皮肉っぽく言えば
「かつて有名だったが、声量・声質的に盛りを過ぎたソプラノの役」
と、されている。
[PR]
by scalaza | 2007-03-29 02:07

川倉 靖(かわくらやすし)氏による2009-10年スカラ座オペラのブログです。
by scalaza
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧