> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
ミラノ・スカラ座、2011年1月の見どころ。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」と「パリアッチ」の二本立て…、
これは見逃せません。

まさにイタリアオペラのステレオタイプとも言われるこの二つの作品は、
何が良いかといえば、非常に分かりやすいのである。

まずは、カヴァレリアから。

ピエトロ・マスカーニ作曲全1幕、1時間10分(この短さがいい)。

舞台はシチリア…。
村娘のサントゥッツァの心は憔悴していた。
その原因は恋人のトゥリッドゥせいである。

彼は兵隊に行く前、ローラと付き合っていた。
しかし戦争から帰ってくるとローラはアルフィオの妻になっていた。
…彼はサントゥッツァを愛することで悲しみを消そうとしていたのである。

しかし、嫉妬深いローラは自分が人妻であることも忘れ、
彼を取り戻そうとしている。
d0103431_8483357.gif

完全に優位に立っているローラの「ドヤ顔」はここの見せ場。
必死に彼を説得しようとしているサントゥッツァとの対比である。

トゥリッドゥの逆ギレに対して、
さらにブチ切れたサントゥッツァの言葉が、
その後のとんでもない悲劇に繋がる…。

オペラ作曲コンクールの優勝作であるこの作品は、
写実主義であり「田舎の騎士道」という意味。
全編を通して劇的な描写に富んでいます。

ラストシーンの直前に置かれた間奏曲は、嵐の前の静けさ。
クラシック音楽の中でも最も人気のある曲として知られています。
http://www.youtube.com/watch?v=Xvdig4N0bpk

数多くあるイタリアオペラの中でも、
ダントツでお勧めできる作品です。

でも…、
ローラは自分から彼を捨てたんです。
彼がサントゥッツァと幸せになろうとしているのに、
それに対して嫉妬をしているんです…。

自分の元彼が、別の女と幸せになるのはイヤですか?
[PR]
# by scalaza | 2010-12-30 09:06
スカラ座開幕オペラ「カルメン」
12月7日、スカラ座広場は小雨の降る中、熱い戦いを繰り広げていた。

各労働組合が一堂に集結した抗議デモ…。
スカラ座広場自体は至って静かなのだが、
その周りに張り巡らされている柵の向こうで行われている、
警官と組合の戦いがテレビでも中継されていた。

スカラ座開幕と抗議デモという「光と影」が象徴的ですが、
翌日の各社紙面では、頻繁に行われるデモよりも、
年に一度のスカラ座開幕の話題で埋め尽くされていたのも悲しい。
彼らの声が届く日が来るのだろうか?

さて、今回の開幕オペラは私の初の試み、
インターネットで生放送を聞く、ということである。
実際、ラジオのライブ放送と違って、
ネットのデジタル放送は音質がよかった。

そして休憩時間になると、ロビーにてインタビューが中継されるので、
これもネットで見てみる。

結構、自宅で楽しめたのである。

今回のカルメンは?
d0103431_8193042.jpg

音楽だけでしか今の段階では判断できないですが、
非常によかった。

というか、
カルメンで音楽的に失敗したというケースはあまり聞いたことがない。
それくらい安定した音楽なのである。

ソリスト、合唱、オケと非常にバランスがよく、
14分間続いた盛大な拍手も納得がいくようにも思えた。

しかし、翌日の新聞には演出家に対しての批判的なコメントが目立ち、
音楽的には安定したものを供給できる分、
演技力や舞台にウエイトがかかるのも致し方ないのでしょうか。

大方、イメージしている「カルメン」と違うことからくる不満だろうが、
こればっかりは自分自身の目で見てみない限り分かりません。

オペラコミック版という、台詞と音楽の繰り返しの様式、
いろんな意味で、ぜひ見たみたい舞台ですね。


参考動画(メイキング・オブ・カルメン)
http://www.youtube.com/watch?v=aCJixu_PGAQ
[PR]
# by scalaza | 2009-12-09 08:41
スカラ座オペラ「ひとこと解説シリーズ」第三回
d0103431_19215689.jpg

オペラ「ドン・ジョヴァンニ」モーツァルト作曲
2010年1月30日 (20:00)
2010年2月2日(20:00)、4日(20:00)、7日(15:00)、10日(20:00)、12日(20:00)、14日(15:00)

ヨーロッパで広く言い伝えられてきたドン・ファン伝説。スペインで1003人の恋人を持ったと言われるドン・ファンは、オペラの中で「ドン・ジョヴァンニ」という名で登場します。

女たらしドン・ジョヴァンニは、ドンナ・アンナを誘惑しようと屋敷に忍び込むが、騒ぎ立てたドンナ・アンナを心配した父親が様子を見に来る。あわてたドン・ジョヴァンニは、その父親を殺害してしまう。
父を殺したのはドン・ジョヴァンニであると気づいたドンナ・アンナは、彼に復讐を決意する。

ドン・ジョヴァンニは墓場でドンナ・アンナの父親の石像と会った。ドン・ジョヴァンニが反省せずに女遊びのことを召使に話していると石像が口を開き、彼に悔い改めよと語りかけたのだ。しかしドン・ジョヴァンニは不敵にもその石像を夕食に招待し、その晩、豪勢な食事をしていると、信じられないことに石像が訪ねてくる。ドン・ジョヴァンニが「私は何も悪いことはしていない」と言うと石像は彼の手をつかんで、地獄に引きずり落としていった。

参考動画(映画「アマデウス」)
http://www.youtube.com/watch?v=vxcjxN0rPzs
[PR]
# by scalaza | 2009-10-16 19:24
スカラ座オペラ「ひとこと解説シリーズ」第二回
d0103431_1914424.jpg

オペラ「リゴレット」ヴェルディ作曲
2010年1月15日 (20:00)、17日 (20:00)、20日 (20:00)、22日 (20:00)日、24日 (15:00)、27日 (20:00)日29 (20:00)、31日 (15:00)
2010年2月3日 (20:00)、5日 (20:00)

巨匠ヴェルディの作品の中でも人間ドラマを描写を重視し、後の傑作への転機となった作品です。“道化”という日陰の存在に光を当て、人間の影を感じさせるバリトンを主役にしたことが、より深く味わいのあるドラマとなりました。

16世紀のマントヴァ。道化師リゴレットの生き甲斐は、美しく純情な一人娘のジルダだった。しかし宮廷の人々は、彼への日頃の腹いせにジルダを誘拐し、マントヴァ公爵に差し出す。最愛の娘をさらわれたリゴレットは殺し屋を雇い、マントヴァ公爵に復讐しようとする。
真夜中、報酬と引き換えに、マントヴァ公爵の死体の入った袋を受け取ったリゴレット。
しかしその中に入っていたものは…!?

参考動画(1977年メトロポリタン歌劇場)
http://www.youtube.com/watch?v=bQ9UYopPfg4
[PR]
# by scalaza | 2009-10-16 19:04
スカラ座オペラ「ひとこと解説シリーズ」第一回
d0103431_1845147.jpg

オペラ「カルメン」ビゼー作曲
2009年12月7日 (18:00)、10日 (20:00)、13日 (20:00)、15日 (20:00)、18日 (20:00)、20日 (15:00)、23日 (20:00)

カルメンは非常に人気の高い作品であり、隅から隅まで名曲が揃っています。

兵士・ホセは,許婚がいるにも関わらずジプシーの女・カルメンに誘惑され本気になってしまう。隊長に反発し軍隊からも抜け,密輸団にまで加担していくホセ。一方,カルメンの方は彼に飽きてしまい,闘牛士のエスカミーリョに鞍替えする。ホセはカルメンのこと諦めきれず,彼女から指輪を投げ返されたことに腹を立て,闘牛場でカルメンを殺してしまう。

ビゼーは一度もスペインに行ったことがなく、原作者のメリメもフランス人。「カルメン=スペイン」と思われていますが,厳密に言えばフランス人が想像で描いたスペインです。ビゼーの音楽が如何に説得力を持っていることでしょうか。

参考動画(1984年スカラ座開幕オペラ)
http://www.youtube.com/watch?v=s39SYHpTQgw
[PR]
# by scalaza | 2009-10-16 18:48
ゼッフィレッリは正面から見ろ。(その2)
今回は天井桟敷席の2階。
下から数えて6階の席である。
舞台を正面に見て左サイド。
斜め60度の角度から眺めていた。

平土間席からの舞台はこれ。
d0103431_2101490.jpg

中央に国王を置いた、安定感のある舞台である。

美術館の絵画をわざわざ横から見る人はいるだろうか?
やはり正面から見るものである。

私は、左斜め60度の桟敷席から、
日本人男性落下という朝刊の見出しも覚悟し、
危険を承知で身を乗り出してみたが、
最後まで、エジプト国王を拝むことが出来なかった。

まわりの人たちを見ると、
背もたれに寄りかかったままで、
オペラを見るというよりも、
生の演奏を聴くという人もいる。

オペラ通なのか、諦めの境地なのかは未だに謎である。

やはり舞台は正面から見ましょう。
[PR]
# by scalaza | 2009-07-01 02:17
ゼッフィレッリは正面から見ろ。
ゼッフィレッリの「アイーダ」をもう一度見る機会があった。
2006年のあの事件以来である。

http://www.youtube.com/watch?v=AxyBxbGF-Qg
あの事件。

天井桟敷からのブーイングにぶち切れ、
人気テノールのアラーニャが途中で帰ってしまいました。

代わりに控えていた歌手が突然、舞台に放り出され、
普段着のまま代役を務めた事件です。
さながら、古代エジプトにタイプスリップした感じに…。

今回、その時と同じ演出を見ながら、
月日が経つのは早いものだと痛感し、
テノールの最初のアリアを聴き終えた。

しかし私にとっては、今回も事件である。

確かにアリアは決していい出来ではなかった。
幕が開いてすぐの曲は喉の調子も完璧ではないのも分かる。

しかし、そのプレッシャーにも耐え、
一つの難度の高い曲を終えた演奏家に敬意を表して、
私は拍手をしようと思った。

しかし、静まり返った客席に身動きが取れなかった。
誰一人拍手をするものはいない。
…このような静寂を私は知らなかった。

例えるなら、
勇気を出してコクってみたものの、
完全に無視されてしまったような…。

別に嫌いでもいいから、
せめて何か言ってくれても良いんじゃないの?

ある意味、「沈黙は暴言より邪悪」。

今回の全観客無反応状態よりも、
アラーニャに対してのブーイングのほうが、
彼にしては救われたのではないか?
[PR]
# by scalaza | 2009-07-01 01:46
速報!スカラ座演目発表
「カルメンで始まるスカラ座、
偉大な指揮者とスカラ座デビュー40年のドミンゴとともに」
(コッリエーレ・デッラ・セーラ見出しより)


5月26日、スカラ座にて2009/10年のプログラムが発表された。

17時から行われた会見では、
年間チケット所有者を優先に招待券が配られ、
劇場内プラテア席に座った8割ほどのスカラ座ファンは、
総監督ステファン・リスナーの説明を大変興味深く聞いている様子でした。

来年度のプログラムは以下の通りです。

 1、オペラ「カルメン」ビゼー作曲(新演出)
 2、バレエ「ベジャールの夕べ(火の鳥、さすらう若者の歌、春の祭典)」
   (スカラ座演出)
 3、オペラ「リゴレット」ヴェルディ作曲(スカラ座演出)
 4、オペラ「ドン・ジョバンニ」モーツァルト作曲(スカラ座演出)
 5、バレエ「ドン・キホーテ」(スカラ座演出)
 6、オペラ「死者の家から」ヤナーチェク作曲(新演出)
 7、オペラ「タンホイザー」ワーグナー作曲(新演出)
 8、オペラ「ルル」ベルク作曲(新演出)
 9、オペラ「シモン・ボッカネグラ」ヴェルディ作曲(新演出)
10、オペラ「ラインの黄金」ワーグナー作曲(新演出)
11、バレエ「20世紀三部作(バレエ・インペリアル、放蕩息子、
   ショスタコーヴィッチよりヴェントリーリアの新作)」(スカラ座演出)
12、オペラ「ファウスト」グノー作曲(新演出)
13、バレエ「ロミオとジュリエット」(新演出)
14、オペラ「セビリアの理髪師」ロッシーニ作曲(スカラ座演出)
15、バレエ「フォーサイスの夕べ(アーティファクト・スイート(新演出)、
   ヘルマン・シュメルマン(新演出)、
   イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド(スカラ座演出)」
16、オペラ「成り行き泥棒」ロッシーニ作曲(スカラ座研修所企画)
17、オペラ「愛の妙薬」ドニゼッティ作曲(新演出)
18、バレエ「オネーギン」チャイコフスキー作曲(スカラ座演出)
19、オペラ「カルメン」ビゼー作曲(開幕オペラの再演)

という、19演目。昨年に比べて、かなりのメジャー路線となっています。

しかし私のお勧めするのは、
生誕200年企画「ショパン・シューマンのサイクル」
と銘打ったピアノ・コンサート。
ツィマーマン、ポリーニ、バレンボイム、ラン・ラン、キーシンといった
一流ピアニストによる「ショパン・シューマン」のオンパレード。
これは見逃せません!!

来シーズンのスカラ座は19演目のオペラ・バレエ、
60公演のコンサートの他、
子供たちへの開幕オペラ試演会、
若者のためのオペラ企画(LA SCALA UNDER30)
ドミンゴ40年記念企画など、
若年層の「スカラ座離れ」を防ごうという意図も垣間見ることができます。

そのほかのサービス面では、
百貨店リナシェンテの駐車場を開放し、マイカーでスカラ座に来ることもでき
劇場内にはタクシー予約センターを設けることで、
オペラ終了後、優先的にタクシーに乗ることも可能になりました。


スカラ座に関してのお問い合わせは
マックス・ハーベスト社のホームページへ

お気軽にお問い合わせください。

[PR]
# by scalaza | 2009-05-27 19:48
スカラ座「ドン・カルロ」
今年初のスカラ座に先日行ってきました。

今シーズンの開幕オペラ「ドン・カルロ」は、
ある程度気合を入れて見るオペラだと思っています。

通常20時から始まるスカラ座公演ですが、
チケットに19時30分と書かれている時点で、
「ああ、今日も終電だな」と容易に想像ができます。

そもそもこのオペラはノンストップリミックスで4時間以上。
何通りか改訂された後、スカラ座バージョンとして、
2時間40分くらいまで短縮が可能になった。
なぜスカラ座バージョンなのか…。

労働組合の関係で、長時間にわたる拘束時間が不可能なのでは…。

それはそれとして、
「ドン・カルロ」というオペラは今回初めて見た。

それは1984年1月10日のスカラ座での上演にそなえて、
大幅な改訂が行なわれたものでした。
d0103431_2341152.jpg

バレエ音楽、第1幕として上演していた部分を全面カット。
多くの場面の音楽を改訂したにもかかわらず、
内容的、音楽的に凝縮され密度の濃い版となったのである。

ヴェルディの中・後期にあたるこの作品は、
今までの「歌とオーケストラの伴奏」というよりも、
シンフォニックな印象を受ける。
ところどころにライトモチーフを入れるあたりは、
かなりワーグナーを意識していたものとも思われる。

しかし重い。
全曲にわたり短調が多すぎる…。

たまに短調が入るくらいなら気分転換にも良い。
しかしこう短調ばかり続くのは、
別れた彼氏との話を延々と聞かされるくらい辛い。

彼の作品の「運命の力」と「アイーダ」に挟まれたこのオペラ、
いったい彼に何があったのだろうか…。
[PR]
# by scalaza | 2009-02-02 23:04
パクリの美学
私は誰かの作品をパクることは特に否定はしない。
なぜなら芸術とは「模倣」から始めなければならないから。

芸術家は、模倣からスタートし独自の様式を確立した。
模倣が苦手で初期にオリジナリティを確立したものもいれば、
異常なくらい模倣が得意でそのまま消えていく人もいた。

盗作は犯罪である。
パクリは「必要悪」なのだ。

そもそも人間だって同じである。
自分は個性的な人間だなんて思っていても、
所詮、誰かの真似をしているに過ぎない。

さて、
モーツァルトの戴冠ミサから「神の子羊」。
最初の4小節を聞いて欲しい。
http://jp.youtube.com/watch?v=akvnGqQ7pZg

次に、
フィガロの結婚のアリア「楽しい日々はどこへ」。
同じく、最初の4小節を聞いてください。
http://jp.youtube.com/watch?v=cCBKkIEZHKY

ヘ長調とハ長調の違い、
3拍子と2拍子の違いで、ほぼ同一である。
戴冠ミサはフィガロの結婚の6年前に作曲されたので、
フィガロの結婚の方がパクリになる。

別にお互い自分の作品なのだから、
誰も文句は言えないだろうし、
それぞれ完成度が高いゆえに、
単なるパクリと言えなくなってしまう…。

こういった現象は、
現代のポップスにも窺い知るとこが出来る。

「メロディの一部をパクリ」の場合。

Earth Wind and Fire のFantasy(歴史に残る名曲です)。
http://jp.youtube.com/watch?v=WTYKhk2cDVc
2分15秒目のメロディーの「COME TO SEE…」から。
(対訳:ファンタジーという名の国で勝利を手にしてみるがいい…)
…素晴らしい、名曲。

続いて、
Nakashima Mika のResistanceより。
http://jp.youtube.com/watch?v=CO8WGKBidYs
歌いだしのメロディー。

ピアノ曲→歌へのパクリ。
http://jp.youtube.com/watch?v=Aj7GZlY0fhE
ショパンの幻想曲だが、
「雪の降る街を」とつい口ずさんでしまう。

「世界観のパクリ」の場合。

Madonna のMaterial Girlより。
http://jp.youtube.com/watch?v=tpAcz2tKaSM

続いて、
REBECCA のLove is Cashより。
http://jp.youtube.com/watch?v=_sf_ksiBYp0

世界観のパクリは、
これといった決め手はないのだが、
なんとなく似ていることである。
「Material Girl≒Love is Cash」は決して遠くはない。

近年、アジア諸国でのパクリ問題が取り上げられるが、
「パクリ・オンリー」の場合は、
絶対にオリジナルを越えることが出来ない。
もともと日本だって高度成長期に、
欧米諸国のものをパクってきた。
ただ日本の場合は、
「パクリ+発展=オリジナル」のスタイルゆえに、
誰も文句が言えなかったに違いない。

それはまるで、
レオナルド・ダ・ヴィンチが
自分の師の実力を上回ってしまったのと似ている。
[PR]
# by scalaza | 2008-09-25 01:54
   

川倉 靖(かわくらやすし)氏による2009-10年スカラ座オペラのブログです。
by scalaza
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧